ご提案ソリューション例

公共交通におけるネットワークの構築/運用・保守のご担当者様へ、解決策をご提供します。

課題

交通システムは、日常生活を支えるインフラ。安全かつ定刻に、利用者を目的地へお届けすることが要求されます

  • 安定/高速な通信経路の確保により、改札ゲート等のスムーズな通過を実現。
  • システムが利用するネットワークの通信品質を事前に把握しておきたい。
  • ネットワークの遅延時間による不具合の予兆検知/原因不明のパケットロス等、エラーの発生原因を特定したい。

解決事例

  • 公共交通システム上のデータが通過する広大な通信ネットワーク上で、不具合箇所の原因を特定します。
  • サブミリ秒のオーダーで、ネットワーク遅延を正確に測定し、情報通信ネットワークがシステムの必要要件を満たすかをサーベイします。
  • ネットワーク遅延を常時監視し、遅延状態変化によるシステムへの悪影響を事前に察知することが可能です。 不具合発生の規則性の有無などを分析し、原因特定の分析が可能です。
  • システム導入時、ビッグデータ解析により、サービス開始前に、利用する情報通信ネットワークの品質を調査し、導入可能かのサーベイが可能です。

問題解決のキーワード

「FN0930ネットワーク遅延診断サービス」で
お客様のネットワーク使用状況を見える化し、
分析・評価します! 

具体的には

高精度な遅延測定を実施

純粋にネットワークの正確なパフォーマンスを測定することができます。

pingの実行結果とは異なり装置内部の応答時間は遅延測定結果に含まれません。

STEP
1

昼夜を問わない遅延測定で測定データを収集

止めることが許されない生産管理システムではそれを支えるネットワークも堅牢でなければなりません。

遅延測定は昼夜を問わず24時間365日実施することができます。

同時に、測定データは分析に備えリアルタイムで保存します。 

STEP
2

豊富な経験を有するエンジニアによる分析サービス

「特定拠点からの通信トラブルが発生している」「決まった時間や決まった曜日に通信トラブルが発生している」などの困りごとは、専門エンジニアが遅延測定結果を分析することで原因特定に結びつきます。

STEP
3