遠隔監視を実現 ~IoTによる高圧ケーブル診断サービス~

診断装置を活用した診断サービス提供を検討されていた

フジクラ・ダイヤケーブル様は、高圧ケーブル線路のシース絶縁抵抗の測定と、シールドの断線を活線状態で検出できる診断装置(LISSA-100等)をお持ちです。フジクラ・ダイヤケーブル様は、この診断装置を活用した診断サービスをお客様に提供できないか検討されておりました。 

 

IoTネットワークアダプタのご提案

弊社は、組み込みLINUXを中心に、様々な機器制御や、LTEやWi-Fi等のネットワーク通信を使用した開発実績があります。また、エッジコンピューティングの実績もあり、クラウドを利用した診断サービスを実現するために診断装置とクラウドシステムを”つなぐ”ものとしてIoTネットワークアダプタをご提案しました。

IoTネットワークアダプタを組み込んだ活線診断装置(LISSA-1000)の完成

フジクラ・ダイヤケーブル様は、活線診断機能と測定データをクラウドに送信する機能を統合した活線診断装置を完成させました。弊社は、装置に組み込めるIoTネットワークアダプタをご提供することができました。

完成したソリューションと弊社実績

 

詳細はフジクラ・ダイヤケーブル様
「IoTによる高圧ケーブル診断サービス」サイト
を参照ください。

https://www.fujikura-dia.co.jp/products/iot_shindan/